今話題の再生医療とは

現代の医療技術は日進月歩となっており、毎日新しい技術の研究がおこなわれています。
技術が進化してきた結果、これまでわからなかった病気の原因が特定されたり、治療ができるようになったりといった良い変化が起きているのです。
そしてその中で近年特に注目されるようになった言葉が「再生医療」です。
iPS細胞や、一時期問題になったSTAP細胞などもこの再生医療の分野に含まれる物です。
ではこれは何かというと、簡単に説明してしまえば「病気やけがで失われた部位を医学的に再生するものである」と説明できます。
例えば酷いやけどを負ってしまって皮膚の機能が失われたという場合、これまでは表皮移植という形で治療を行ってきました。
ですが再生医療の技術では本人の細胞から新たな部位を作りだすことができますから、細胞を採取して本来その人に生まれるはずだった皮膚を作りだし、それを移植するということができるようになってきているのです。
これは一見するとそこまで価値があるように見えませんが、他人の皮膚を移植するということは非常にリスクのあることです。
拒絶反応が起きるとせっかく移植しても定着せず、腐り落ちたり剥がれ落ちたりすることがあります。
ですが自分の皮膚を自分に移植するのであれば、そうした拒絶反応が発生するリスクは非常に低くなるのです。
またこの技術を応用すれば、交通事故によって半身不随になった人の機能を取り戻させたり、一度失われてしまった心臓の機能を取り戻させたりと言ったような、革新的な治療ができると期待されています。
現状ではまだ研究段階であり、皮膚移植や骨髄移植などの一部には適用されるようになったものの、万能の治療法になるまでにはまだ時間がかかるとみられています。
ですがこれが確立したのであれば病気やけがで苦しむ人の多くを救えるようになる、世界中から期待される治療の分野なのです。

医療保険に入れない持病

民間の医療保険には、持病であったりあるいは医療機関で何らかの病気の告知を受けて、手術などをしたことがある場合には、加入できないものが存在します。特に高額な保険金が支払われるものには、加入できないものが多く存在する状況です。
民間の医療保険加入希望申し込み時には、必ず持病の記載する欄や今までに手術をしたことがあるかどうか、手術がいつだったかなどについて確認をする欄があり、正確に記載しなければなりません。もしここで嘘偽りを記載しても、後々その病気等が分かった時には、医療保険の保険金が支払われない可能性があり得ます。いわゆる告知義務違反というものです。
最近では、持病を持っていても加入が出来るタイプも存在してはいますが、これらは健康な人に比較して毎月支払う医療保険料が高額になるものが存在します。むしろ、同じ金額の支払いで済むものはまずありません。したがって、高額の健康保険料の支払いに耐えられるかどうかなどもよく考慮の上で、加入を検討することが重要になるものです。
また、そもそも民間の保険に加入をするべきかどうかも検討の余地はあります。公的医療保険である健康保険証を使用しての治療と、高額な医療費を支払った際の高額療養費制度の利用で対応が出来るのであれば、そちらで対応をして民間の物には参加しないでその保険料相当分を貯蓄に回すという選択も一考の価値ありです。日ごろの貯蓄で対応が出来るのであれば、あえて高額の民間の健康保険に加入する価値はないと考えられる場合もあり、家計をよく考えて加入の決断を行うべきでしょう。また、家族構成が変わった時などに、その時に初めて民間の保険への加入を考えるのも、一つの方法となってきます。

非喫煙者を優遇する医療保険

タバコは現在、世界的に有害なものとして認められるようになりました。
嗜好品としての存在が否定されたわけではありませんが、かつての社会と現代の社会では、喫煙に対しての考え方が根底から違うということは誰もがわかることです。
さまざまな飲食店や公共スペースは禁煙とされるようになり、また禁煙外来などで禁煙を勧めるということも全国で行われるようになりました。
そしてこうした喫煙者に対する扱いは、医療保険という場所でも同じようになっているのです。
どのような医療保険でも扱いに差が出るわけではありませんが、医療保険の料金に喫煙者区分と非喫煙者区分を設けることで非喫煙者を優遇するというような措置はさまざまな業者で行われることとなっています。
これはタバコが嫌いだからというような理由では無く、国際的に広がっている「喫煙者は非喫煙者に比べてさまざまな病気を発症するリスクが高い」ということが論拠になっています。
医療保険加入者が保険を必要とした時、支払われる保険金は他の保険加入者が支払った保険料で賄われているわけですから、健康的な生活をしている人と不健康な生活をしている人の負担が同額であるということは、確かに平等であるとは言えません。
海外などでは非喫煙者をそもそも保険に加入させないというような物も見られるようになりました。
喫煙者と非喫煙者の負担が同じであっても、実際に保険金が支払われるケースとしては喫煙者の方が多くなるのですから、喫煙者に多くの負担を求めるということは自然な流れなのです。
月々当たりで見れば数百円から数千円の差が出ることが多いのですが、この保険料の差も禁煙を考えるということで言えば動機の一つとなると考えて良いでしょう。

■体内時計を正常な状態へ導くメロセット
メロセット
■にんにく注射で元気を取り戻そう
にんにく注射
■つらい胃痛や胸やけで悩んでいるなら
ネキシウムで胃腸を守ろう